• たまき

太らない・疲れない・老けない「ケトン体」って?




「ケトン体」は私たちの体の中でつくられるもの。

誰もが持っているのに活用されていない、

「頭や体を働かせる、もう1つのエネルギー源」。


糖質を減らすと働き出す「ケトン体」によって、

余分な脂肪がどんどん燃え、

体も頭もより健康的になるのです。


サロンがある、

堂島ライフケアクリニックの中には、

エイジングケアに関する本がたくさんあります。


本が大好き、

エイジングケアが大好き、

飲食大好き、

健康美大好き、

な、

わたしにとってどれも興味津々の本ばかり。


じつは、

1月中旬から主食なし(米・玄米・パン・麺類)、

アルコールなし生活をしています。

なのでかれこれ1か月ほど。


炭水化物と糖質を減らすとどうなるんだろう?

お酒を飲まないとどうなるんだろう?

はやく脂肪が減るのかな??


という人体実験的な興味本位からはじめてみました。


はじめてみると意外にイケるもので、

元々主食と言われている部類の物はお昼にしか食べない生活だったので

そんなに抵抗もなく。


去年もそうだったのですが、

年が明けるとなぜか、スゴイやる気スイッチが入ります。

体感できていることは、

とにかく体が軽いということ。

肌がスベスベになること。 脂肪が薄くなってきたこと。

顔が小さくなる。


友だちにそういうのケトジェニックっていうんだよと言われて

自分がしていることがケトジェニックの部類に入ることをはじめて知りました。


ケト...ケト...そういえば~~と思って

クリニックの中にある本を見ると!

ケトン体!!

ここに繋がりました。


読んでみると、

これまで常識とされていた「人間はパンやごはんを食べないと生きていけない」

というロジックはまったくの間違いで。

私たちは炭水化物を食べなくても「ケトン体」をつくることができて

病気知らずで元気で若々しく生きていけるという。


☆エイジングケアを実践したい人

みるみるやせて、体の中からきれいになる


☆仕事の集中力・パフォーマンスをもっと向上させたい人

食後の眠気、睡眠の悩みも解消、疲れ知らずに


☆認知症やアルツハイマーの不安を払拭したい人

メンタル面の強さは食事とも関係


簡単にいうと

体内の糖が不足するとケトン体をつくりだすケトン体質になるので

今まで蓄積されたぜい肉・皮下脂肪が燃やしてエネルギーを作っていくので

どんどん痩せて健康になっていくということ。

頭の調子も体の調子も肌の調子もいい感じなので、

このまま続けていきたいと思います!(^^)!

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示