• tamaki076

座る時間が長いと太もも裏が硬く縮む

更新日:2020年9月12日

老けない=柔らかい


私たちの体で、

かたくなりやすい場所は7つほどある言われています。


①首

②デコルテ

③お腹

④腰

⑤お尻

⑥太もも裏

⑦ふくらはぎ


の7つです。


いかがですか?

硬くなっているなぁと気づいていましたか?


そして、

座る時間が長いと硬く縮むのが「太もも裏」の筋肉です。


体が硬くなると老けて見える理由は、

体が硬い

筋肉の質が低下

血管が硬くなる

姿勢が悪くなる

呼吸が浅くなる

肌のシミが増える

体のラインがくずれる

基礎代謝が下がる

老け見え。


なので、

体を柔らかくすることがとっても重要になってきます。

老けない=柔らかい


柔らかい人は若々しい☆


太ももの裏が硬くちぢこまると、

猫背になり下腹がぽっこり出てくるので老けて見える

猫背の人はムダな力がかかるので、首や肩こりが強い傾向にあります。


座る時間が長い人は、硬くなりがちなので、

太もも裏を意識してほぐしてみるといいと思います(^^)





4回の閲覧0件のコメント