• たまき

②敏感肌(トラブル多い)→ 健康な肌(トラブルがない)になるために クレンジング剤

最終更新: 6月14日

お手入れしているけれど肌の状態がよくならない…

トラブルが改善されない…

そんなときは、

今しているケア方法を見直すチャンスです。

アルコールなしの化粧水でもピリピリしみる敏感肌も経験、

暖房や温度差ですぐにかゆくなったり、

混合肌でひどい乾燥と脂ギッシュですぐに化粧崩れしていた

わたしが、やっちゃいけないことに気づいてやめたことを

実体験から1つ1つお知らせできたらと思います。


☆メイクを落とすクレンジングはなんでもいいと思っていた。


落とし過ぎるクレンジング剤と

クレンジングの使い方が乾燥の原因になっています。


例えば、

時間をかけてじっくりマッサージしながらメイクとクレンジングを

なじませるようにくるくるしたりしてました。

しっかり落とさないといけないという思いこみ。


これが肌に負担をかけていて、刺激になってしまいます。

落としすぎで肌が乾燥してカピカピに。


肌になるべく負担をかけないクレンジング剤を選び、

クレンジング剤を優しくなじませる。

マッサージも強い力もいりません。


毎晩、ふきとりシートでメイクOFFもNG

肌への負担が大きすぎます。


そういうことに早く気づいている方は、

これだけで、トラブルの原因が1つなくなります。



12回の閲覧0件のコメント